サービスの流れと特徴
●改ざんを発見して、対応策に基づいて、自動的に対応処理を行います。(コンテンツ元の状態に戻す、工事中等にする、処理を停止する等)
●お客様のコンテンツ更新等については、障害と検知せずに業務をそのまま継続できます。(エンタープライズ版)
●Webシステムのソフトウェア(OSやミドルウェア等)の脆弱性チェックを実施し、必要とあれば、
 パッチ情報に基づきバージョンアップ等を実施します。
●Windows、Unix及びLinuxベースのWebサーバに対応しています。
サービスメニュー

① 指定コンテンツを24時間365日監視し、異常発生時には対応ルーチンに基づき、自動的に復旧処理を実施します。
  その状況を指定先までメールを送付します。
② 月2回のWebシステムの脆弱性チェックを実施の上、レポートをお送りします。
③ 脆弱性チェックを実施し、必要とあれば、パッチ情報に基づきバージョンアップ等を実施します。
④ Webサービスを継続したまま、コンテンツ更新を実施できるようになります。

このページの先頭へ戻る


HOMEへ戻る