Webroot

機能概要
エンドポイントプロテクション
ウイルスなどのマルウェア対策

● 定義ファイルを端末上にもたないクラウドベーススキャン

● ヒューリスティック技術による未知のマルウェア検出

● ビヘイビア(挙動)による未知のマルウェア検出

● ルートキットの検出

● MBRスキャンの実行設定

● ジャーナリング&ロールバック(自動修復機能)

● 白黒判定できないグレーなプログラムの監視継続

クライアントFW機能

● アプリケーション単位のブロック

アプリケーション制御機能

● アプリケーション起動制御

ブラウザ保護対策

● Webサイトの安全性を確認

● フィッシングサイトの検出

● IP/DNS検証による中間者攻撃を確認

その他クライアント上の機能

● システムクリーナー

● ソフトウェアの自動更新

● チューニングオプション(CPU/Memoryの負荷調整)>

● ディスク容量軽減管理

● 他社製品との共存

● 改変されたシステムコンポーネント(レジストリ等)の自動修復

● ID等の個人情報保護

● 疑わしいプログラムの自己実行診断

管理機能

● 管理サーバの設置不要

● SaaS型管理コンソール

 クライアント管理

 ・スタンドアロン運用

 ・グループ単位の設定

 ・ポリシーのインポート&エクスポート

 ・ユーザ利用アプリケーションの表示(グレーおよび黒判定)

 ・プログラムのホワイト・ブラックリスト指定

 ・遠隔実行コマンドの送信(再起動、セーフモード起動、スキャン、プログラム実行、レジストリコマンド、DOSコマンド実行など)

 ・Active Directory連携

 ログ・通知・レポーティング機能

 ・事前定義済レポート作成およびエクスポート

 ・警告通知(SMTP)

 ・警告通知メッセージのカスタマイズ

 その他

 ・ライセンス管理

 ・権限に応じた管理者の複数作成

 ・ 統合されたサポートへのアクセス提供(ログ自動収集など)

モバイルプロテクション
マルウェア対策

● 実行時スキャン

● ファイルシステムスキャン

● インストール後スキャン

● SDカードのスキャン

盗難・紛失対策

● ロック-Webポータル

● ロック時に表示するメッセージのカスタマイズ

● ロック解除

● データ削除-Webポータル

● 位置情報通知-Webポータル

● SIMカードロック

● 警告音を鳴らす-Webポータル

SecureWeb

● フィッシング/悪質なサイトへのアクセス制限

アンチスパム

● SMSホワイト/ブラックリスト  着信ホワイト/ブラックリスト

● 発信者不明/番号非通知のブロック

● 悪意のあるリンクが含まれるSMSブロック

更新

● 定義ファイルの自動更新

● 定義ファイルの手動更新

● 定義ファイルのスケジュール更新

その他

● アプリケーション検査

● バッテリーモニター

● ネットワークモニター

● 危険設定チェック(提供元不明/USBデバッグ)

管理機能

● SaaS型管理コンソール

● 端末もしくはグループごとにポリシー適用

● 属性登録(会社所有/個人所有)

● インストール済アプリ評価

● レポート生成

● 警告通知(Eメール)

● リモートスキャン

● リモート定義ファイル更新

このページの先頭へ戻る


HOMEへ戻る